亀頭直下埋没法

包茎手術には様々な手術法があります。
その中に「亀頭直下埋没法」というものがあります。
この「亀頭直下埋没法」は包茎手術において代表的な手術方法といわれています。
この「亀頭直下埋没法」というのはどういった方法の手術なのでしょうか。
名前の通り、亀頭の下を切断して、皮を縫合させるという方法になります。
包茎の状態にもよりますが、この方法を選ぶ医師が一番多いとされています。
なので、代表的な手術方法といわれているのかもしれません。


具体的にいうと、まず勃起時の陰茎の長さを想定してペニスを計測します。
いちいち勃起させなければいけないのか?と不安に思われることでしょうが、もちろん勃起していなくても計測は可能となります。
そして亀頭からすぐ下の薄い粘膜を取り除き、亀頭のすぐ下で縫合するといった方法になります。
メリットでいえば、第一に切断面がわかりにくいということです。
亀頭と陰茎部の境目にあたる部分にメスを入れるので、万が一、手術の縫合に失敗したとしても、勃起以外には目立つことがありません。


もちろん気になるデメリットというのもあります。
それは縫合面が雑になりやすいということがたまにあるということです。
医師の技術力が低い場合や、方法が間違ったときに起こりやすい事故なのですが、皮を切断しすぎたとき、縫合する部分が安定しないため、痛みと共に出血をする可能性があるということです。
こういったトラブルを避けるためにも、しっかりきちんと、医師と相談してから手術方法を決めることをオススメします。


▽管理人特選サイト
スタッフは全員男性なので安心して通える包茎クリニックです・・・包茎

Copyright © 2014 包茎手術の種類 All Rights Reserved.